ネイルケア

 

ネイルをおこなう上で大切になってくるのが、ネイル前のケアです。
このケアをしっかりおこなうことで、仕上がりや持ちに違いが出てきます。
なので、面倒くさがらずにしっかりおこなうようにしましょう。

 

 

用意するもの
・キューティクルリムーバー
・お湯
・エメリーボード
・キューティクルプッシャー
・キューティクルニッパー
・ガーゼ
・バッファー
・クリーム(保湿用)

 

1、キューティクルリムーバーを塗る
これを塗ることで甘皮などを柔らかくして手入れしやすくします。

 

2、お湯で指先を柔らかくする
爪の形を整えるときに柔らかくしておくと、綺麗に楽にすることが出来ます。

 

3、爪の長さを整える
エメリーボードで爪の長さを整えます。
エメリーボードは一定方向に動かすようにします。
爪切りで爪の長さを整えると、二枚爪などの原因になってしまうためやめましょう。

 

4、形を整える
長さを整えたら、サイドを削り爪の形を形を整えましょう。

 

5、キューティクルを押し上げて取る
キューティクルプッシャーなどで甘皮を円を描くように上に押し上げていきます。
力を入れすぎると爪が傷ついてしまうので、気をつけましょう。
上に押し上げた甘皮をガーゼなどで取り除きます。
取りきれなかったものはキューティクルニッパーで取り除いて下さい。

 

6、ささくれを切る
ささくれをキューティクルニッパーで切ってください。
間違ってもささくれは手で引っ張って取ってはいけません。
炎症を起こしてしまうことがあります。

 

7、表面の凹凸を整える
バッファーを使い爪の表面を整えます。
あまり気にならないときはしなくてもOKです。
あまり削りすぎてしまうと爪が薄くなってしまいます。
元々爪の薄い人はやめましょう。

 

8、クリームを塗る
爪は乾燥すると折れたり二枚爪の原因になってしまいます。
なので、乾燥しないようにクリーム等で保湿が必要です。
マッサージをするようにおこなうとなお良いです。

 

これで基本のネイルケアは終了です。
面倒だと思うかもしれませんがしっかりおこないましょう。
これだけでも綺麗な爪になります。

 

 

・スクエア
角があり四角い形
強度が1番ある
角があるためひっかかりやすい
☆両端がそろうようにまっすぐに爪にあて削っていきます


・スクエアオフ

スクエアの角を少し削った形
強度があり定番の形の1つ
☆スクエアを作った後に角を少し削っていきます

 

・ラウンド
先端が自然な丸みのある形
サイドはストレート
1番自然な形
☆サイドは削らずに先端のみ自然な丸みになるように削っていきます。

 

・オーバル
ラウンドよりも角を削った形
少し強度が落ちる
爪が長く見えどんな人にも似合う
☆両サイドから少しずつ削っていき卵の形になるように削っていく。

 

・ポインテッド
オーバルの角をさらに削った形
強度が1番弱いので割れやすく折れやすい
☆両サイドから先端にまっすぐ削り先端を少し丸みを持たせる


このページの先頭へ戻る