ネイルオフ

 

ネイルを落とすときも正しい落とし方を覚えておきましょう。
間違った方法を続けていると爪が傷ついたりして、見た目も悪くなり綺麗なネイルが出来なくなってしまいます。
なので、しっかりと正しい落とし方を覚えておきましょう。

 

 

用意するもの
・コットン
・除光液(リムーバー)
・コットンスティック(オレンジウッドステッキにコットンを薄く巻きつけたもの)or綿棒

 

1、コットン切る
コットンは爪よりも少し大きめにカットしておきます。
大体普通サイズのコットンの半分か1/4程度の大きさです。
落とす専用に1度にたくさん切っておいて置くと便利です。

 

2、コットンにたっぷり除光液をつける
ここでケチってしまうとなかなか落ちずに何度も爪を擦らなくてはいけなくなってしまいます。
何度も擦ると爪が傷ついてしまうので気をつけましょう。

 

3、爪全体が隠れるようにコットンで覆い放置
除光液をたっぷり染み込ませたコットンを爪全体がしっかり隠れるように覆います。
出来るだけ爪全体にコットンがくっつくようにして下さい。
覆ってから少し放置することでネイルカラーに浸透して溶けてきます。
大体30秒程度で良いでしょう。

 

4、一気に拭取る
ネイルカラーが解けてきたら一気に拭取りましょう。
1度で拭取れなかった部分はコットンの汚れていないところで拭きます。
拭く時は1回1回拭くところを変えて常に綺麗な面で拭くようにしましょう。
綺麗に落とすには大切なことです。

 

5、細かいところはコットンスティック
爪と皮膚の境目などの細かいところはコットンだけでは落としきれません。
なので、コットンスティックや綿棒にしっかり除光液を染み込ませて落としていきます。
この時も何回もゴシゴシ擦らずに少ない回数で優しく拭き落とします。

 

6、オイルマッサージ
綺麗にネイルを落とせたら最後に爪をキューティクルオイルなどで指先マッサージします。
これをすることで爪が保湿され、綺麗な爪を研ぐ必要があります。
丁寧にマッサージしましょう。

 

これでネイルオフは終了です。
次に塗るには出来れば1日程度開けてからの方が負担が少なくすみます。
しかし、どうしても塗らなくてはいけない時はしっかり除光液を落としてから塗るようにしましょう。
しっかり落としてから塗らないと綺麗に塗ることは出来ません。


このページの先頭へ戻る