デザインネイル

 

マニキュアネイルの基本を覚えたら様々な模様にチャレンジしてみましょう。
難しいように感じるかもしれませんが、簡単に出来る方法を紹介します。
とても簡単なので、いろいろなものを試してみましょう。

 

 

マスキングテープは様々なネイルに使うことが出来ます。

 

マスキングテープの使い方 その1
マスキングテープを使いフレンチネイルやストライプ、チェック、ギザギザなど様々な模様が出来ます
フレンチネイルをする時は基本のネイルのトップコートを塗る前までします。
カラーが乾いたらマスキングテープを先端を丸めにカットし、丸みが爪の先端側に来るように張ります。
その時にちゃんと先端とマスキングテープの間を1〜2mmくらい開けてください。
そうしないとフレンチネイルになりません。(当たり前ですね)
そうしたら先端の方に色を好きな色を塗ります。
1度塗るだけで良いでしょう。
塗るときにマスキングテープにかかるように塗ると綺麗に塗ることが出来ます。
そして乾ききる前にマスキングテープを慎重に剥がします。
しっかり乾かしトップコートを塗れば完成になります。
細かい作業が苦手な人にも簡単にフレンチネイルが出来ます。
この要領でマスキングテープを細く切って張ったり、重ねたりすることで様々なデザインが出来上がります。
とっても簡単です。

 

マスキングテープの使い方 その2
マスキングてーぷをそのまま使う方法があります。
マスキングテープには様々な柄があります。
その柄をそのままネイルに使ってしまうのです。
まず自分の好きなマスキングテープを選びます。
次にどのようにつけるかを考えます。
先端だけに張ってフレンチネイル風にしたり、自分では難しい文字なんかもマスキングテープなら簡単です。
そして基本ネイルのトップコートを塗る前に爪に貼り付けます。
気に入らなければ何回でも張り直しがきくのも良いですね。
綺麗に張れたら後はトップコートを上から塗るだけです。
これだけで自分では難しい様々なデザインが出来ます。
この時のポイントはテープがよれないことです。
シワなどになってしまったりすると仕上がりが綺麗に出来ません。

 

 

ポスカ!?と思う人もいるかもしれませんが実はこいつが良い仕事をしてくれるのです。
ネイルに使うものは極細か細を使うと綺麗に仕上げることが出来ます。
ポスカを使う場合はトップコートを塗る前までネイルをしておきます。
そしてそこにポスカでデザインをしていくだけです。
簡単に出来るのがドット柄です。
爪に対して垂直にポスカを置いていくだけで綺麗なドット柄が出来ます。
他にもボーダーなど自分の好きなデザインをすることが出来ます。
ポスカが乾いたらその上にトップコートを塗れば完成です。
とっても簡単です。

 

 

スポンジを使うとラメやグラデーションなどが綺麗に出来ます。
スポンジを使う際はトップコートを塗る前まで完成させて起きます。
ラメをのせる際はスポンジにラメを付けて自分の好きなようにポンポン爪に押していけばいいだけです。
重ねつけも簡単です。
そしてグラデーションをする時は2通りの方法があります。
1つ目はピンと机の上に出したラップの上に2色のカラーを並べておきます。
その境目を用事などで少しぼかします。
そうしたらそれをスポンジに染み込ませます。
カラーの上にスポンジをポンと置けばOKです。
そしてそれを爪の上にポンポンのせていくだけです。
乾いたらトップコートを塗れば完成です。
もう1つの方法はスポンジを濡らして使う方法です。
濡らしたスポンジに直接カラーを塗っていきます。
何色もグラデーションにすることも出来ます。
そうしたらそのスポンジを爪にポンと乗せれば綺麗なグラデーションの完成です。
乾いたらトップコートを塗りましょう。

どちらの方法が良いかは自分でやってみると良いでしょう。
ちなみにスポンジはキッチン用でも出来ますがメイク用だとキメも細かいのでおススメです。

 

このほかにも様々な方法があります。
自分なりに工夫してやってみるとさらにネイルが楽しいものになると思います。


このページの先頭へ戻る